2015年4月6日月曜日

模倣は企業戦略・戦術の中心になってることが多い

コピーキャット:模倣者こそがイノベーションを起こす / オーデッド シェンカー

飲食業は模倣を前提として成り立っている。本当にオリジナルな素材の組み合わせとレシピでできた料理というのは、ほとんどないだろう。海外で日本食を展開する、というようなモデルは当然だし、競合店同士がお互いをベンチマークしあって、切磋琢磨している行為そのものが模倣によって成り立っていたりする。レシピや提示方法の「コピー」が法的に規制できないのはファッション業界とも似ている。そしてすべてのレシピが長い人間の歴史の中での食文化の蓄積の結果として成り立っていることを考えると、レシピの模倣行為そのものが食文化の発展の過程なのかもしれない。(投資として見た時の飲食業の生産性の低さにはこのことが深くかかわっていると思うが、これについてはまた別の機会に)

この本は、その「模倣」という行為を企業戦略の中心として捉えて解説した本である。そしてその模倣を「うまくやる」ことこそが大切で、イノベーションとはその模倣によって生まれるのだとする。で、そのことをイモベーションと呼んでいる。

イミテーション(模倣)+イノベーション=イモベーション

そして企業にとってより模倣が重要になってきている背景として、グローバリゼーションとアウトソーシングの進化によって競争者が増加、多様化する一方で、情報コストの低下により知識の形式知化が進んでいること、また企業間の提携や社員の移動によって、その移転がさらに容易なっていることを上げている。そして一方で、ブランディングの効力や特許等による形式知の保護は難しくなっている。

これはしごく当たり前のことのように聞こえる。一方、これに真っ向から反対するコメントをジェフ・ベゾスがしていた。ベゾスは明確にコピーをすることの重要性を認識している。World Changers: 25 Entrepreneurs Who Changed Business as We Knew It の中で彼は次のように言う。
We have always had the mentality that we are going to be obsessed over our customers and not obsessed with our competitors. There are many advantages to being a competitor -focused company. You can pursue a close-following strategy. You don't have to go down a bunch of blind alleys when you are inventing. You can just follow the leader. Let them spend all the investment resources to go down the blind alleys and when they do something that works you can follow them quickly. That can be an effective business strategy but that is not what we do.
  このように、本書の著者の意図をしっかりと理解した上で、しかしそれでも下記のように彼は言うのだ。
If you base your business strategy on things that are going to change, then you have to constantly change your strategy. But if you formulate your strategy around customer needs, those tend to be stable in time.(p67) 
これはアマゾンが必ずしも模倣をしていない、ということではない。彼らが生み出すサービスは同じようなサービスを提供している企業のサービスをベンチマークしているし、模倣もしているだろう。しかし、経営者の態度というか情熱としてどういう企業を作るのか、どういう勝ち方をしたいのか、という動機の違いが最終的な企業のあり方に大きく影を落とすのだなあ、ということを彼のコメントを見ながら思わずにいられない。

2014年10月6日月曜日

リベラルって何だろう

世界がすごい動いている。荒れている、と表現する人もいるかもしれないけど、歴史好きな人なら、今の国際情勢が歴史的な大転換の中にあることを思って興味を持たずにいられないだろう。今から100年後の人々が今の時代をどう判断するのか、想像するだけでもかなり興味深い。

で、こういう動いてる時代には人々の政治的なスタンスのようなものも揺れがちだ。

私は不勉強な人間なので、子供のころ(というかごく最近まで)無常件に好きだったジョン・レノンのイマジンが歌われた時代背景とか、その時大統領だった悪役ニクソンが結構大変な中で頑張ってたんだなあ、とか今になってわかることも多い。

ミュージシャンの政治的メッセージにありがちな、どちらかというと感情に訴えるやり方でとにかく、暴力はいけないよね、というメッセージに共感して思考停止してしまうには社会の変化が大きすぎるのと、悪役に仕立て上げられている勢力も細かく見ていくと彼らなりの理由があったり、そしてそれは切実なものだったりするので、絶対的な悪というものは世の中には存在しないんだなあ、ということを今更思ったりする。どちらの側がより多くの人の平穏な幸せを守ったのかは、視点を変えると全く違って見えることもある。

こういう時には哲学・思想の原書をたくさん読みたい気分だけど、残念ながら今はそういう身分ではないので昔読んだこの本を引っ張り出してきても一回読んでみた。


アメリカのリベラルの歴史は、日本が平和を享受しながらぼーっとしていた時代に、当事者として安全保障という切実な問題に向き合いながら、社会に自由と寛容とフェアさを持たせようとしたアメリカ人の葛藤の歴史でもある。


そしてたぶん今の日本の左派に必要なのは、現実と哲学的な理論との折り合いをつけながら、新たな理論構築ができる哲学者なんだろうなあ。ロールズ的な。そういう意味で、ロールズがアメリカの政治において果たした役割はとても大きい。彼の理論が後世においてどれだけ批判されようと、この価値は消えないだろう。

アメリカの現代思想・仲正 昌樹


2014年7月20日日曜日

北米フードトレンド:ファーマーズマーケットという新しいトレンド

カナダに最初来たとき、なんだかファーマーズマーケット多いなー、と漠然と思っていた。日本で気づかなかったのは馬車馬のように働いたサラリーマン的生活のせいかと思っていたら、どうやら違ったらしい。

たとえば下記のリストによると
、トロントでは全部で32のファーマーズマーケットが開かれている。
http://www.torontoisawesome.com/lifestyle/community-culture/awesome-toronto-farmers-markets/

東京では、このサイトによると4つ程度しか存在してないようだ。

http://eftune.info/?page_id=247

人口も、また地理的にも東京よりはるかに小さなトロントでこれだけのファーマーズマーケットが開催されている。



2014年7月2日水曜日

集団的自衛権について意見が分かれる原因となる2つの現状認識

集団的自衛権の行使について安倍政権によって閣議決定された。Facebookを見ていると、反対している人が多い。若干賛意を示している人もあるが、少数派だ。ふつうに考えると、今回の閣議決定は道理が通っていない。けれど道理が通ってないからといって例えば20年後の日本人がこの閣議決定をどう評価するかは正直、不確実すぎてわからないな、と思う。

そして反対派、賛成派の議論のレイヤーのズレがはげしくて議論にならない感じは、脱○○の時の議論と似てるなー、とも思う。個人としてこの問題に対する結論はまだ出せてないけれど、それぞれの人々がどのような情報のインプットと思考によってそれぞれの主張になっているのか、ということを考えてみたい。(カナダにいるので、あくまでインターネット上の情報のみを根拠としており、間違っていること多々あると思います)


人々の間に意見の相違が発生するのは下記の3点が原因になる。

1.情報のインプットが違う(内容・量)
2.情報のインプットに基づく分析の結果が違う
3.立場(利害関係)が違う

2014年5月18日日曜日

北米のフードトレンド:ヒップスターとアーティザン

ヒップスター(hipster)という言葉がある。いまいち回りでカナダの人々が話している定義にあった日本語の訳がなかったので、食べ物に関する文化と合わせて書いてみよう。

このヒップスターという言葉、いろんなところでよく聞く。生息地はニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコなど大都市で、ここトロントでもかなりの数が確認できる。ヒップスターマーケティングとかいう言葉もあるようだ。こないだ町を歩いていたら、ヒップスター狙いのデザインの歯医者さんまであった。

もう一つ、日本にいたころは感じなかった北米のフードトレンドの一つがアーティザン(artisan)と呼ばれる小さなスケールのフードベンチャーがかなり増えている、ということだ。で、起業ネタとしても食べ物が結構熱い。フードではないけど、コーヒーで$25 million のファンドレイズに成功した The Blue Bottle Coffeeなどは知っている人も多いと思う。ちなみに彼らは日本への進出が決まっている。
フードスタートアップが一番熱いのはおそらくブルックリンだろう。クラウドファンディングも含めて、フードスタートアップ向けのファンディングプログラム、スタートアップ用のキッチンのレンタルサービス(北米は日本よりはるかにレストランの衛生に関するチェックが厳しい)、インキュベーションサービス、フードスタートアップが集まる屋外のマーケットなどが多く開催されている。

で、このアーティザンのスモールスケールのフードスタートアップが大流行りしているのとヒップスターはかなり関係がある。
かなり主観によってるので、正しくないかもだけれど、回りで話してるのを聞いてるとこんな感じではないかなー、と思うところを書いてみよう。

まず、ネットにある英語の定義をみてみる。
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=hipster
Hipsters are a subculture of men and women typically in their 20's and 30's that value independent thinking, counter-culture, progressive politics, an appreciation of art and indie-rock, creativity, intelligence, and witty banter. (ヒップスターは典型的には20代から30代のサブカルチャーで、彼らは独立的な思考や、カウンターカルチャー、政治的には進歩的でアートやインディーロック、クリエイティビティ、知性,ウィットのある会話を好む。) 

2014年5月11日日曜日

ユダヤ人をユダヤ人にしているものと、日本人を日本人にしているもの

日本人とユダヤ人 (角川文庫ソフィア) という本を書いたのは山本七平さんだったけれど、最近、ユダヤ教の大きな祭日にあたるPassoverというお祭りを初めて経験したので、そのことについて書いてみよう。

ユダヤ教には、いくつか重要なお祭りがあるのだが、その中の一つがPassoverと呼ばれるものだ。その由来はWikipediaによると下記のようなものだ。



イスラエル人は、エジプトに避難したヨセフの時代以降の長い期間の間に、奴隷として虐げられるようになっていた。神は、当時80歳になっていたモーセを民の指導者に任命して約束の地へと向かわせようとするが、ファラオがこれを妨害しようとする。そこで神は、エジプトに対して十の災いを臨ませる。その十番目の災いは、人間から家畜に至るまで、エジプトの「すべての初子を撃つ」というものであった。神は、戸口に印のない家にその災いを臨ませることをモーセに伝える。つまり、この名称は、戸口に印のあった家にはその災厄が臨まなかった(過ぎ越された)ことに由来する。
これ、子供のころにアニメで学んだような気がする。あのアニメは何だったんだろう。。。今になってキリスト教やユダヤ教のことを学ぶときにあのアニメの記憶がとても役に立っている。

で、このPassoverは1週間続くのだが、その時には家族が集まって食事をする。ごちそうだ。ちなみに、この時期には炭水化物はマッツァと呼ばれる粉と水だけでできた薄いクラッカーのようなものしか食べてはいけない。エジプトから脱出するときにパンを発行させ膨らませる時間がなかったため、これを食べたことを忘れないためだという。


食事の際には各自にハーガダーと呼ばれる小さな冊子が配られる。このハーガダーにはユダヤの人々がエジプトで苦難の時代を過ごし、かつ海をモーゼが割ったりしながらエジプトから逃げ、エルサレムにたどり着く物語が書かれている。


2014年5月8日木曜日

各国の交渉スタイルの違い(中国、香港、韓国、ドイツ、米国、インド)とステレオタイプを学ぶことの価値


この記事が話のネタとしては面白いのでご紹介。駐在員の居酒屋談義ぐらいには使えるかも。

25 Fascinating Charts Of Negotiation Styles Around The World

http://www.businessinsider.com.au/communication-charts-around-the-world-2014-3


こういうのは真に受けるべきではないと思うし、実際あんまり使えないのではないかと思うけど各国の人へのステレオタイプが表現されてて面白い。残念ながら日本人はこの記事にはないが、'When Cultures Collide'という本には掲載されているようだ。


 When Cultures Collide: Leading Across Cultures: Leading, Teamworking and Managing Across the Globe / Richard D. Lewis


こういう一般化に対する危険性については著者も十分に認識しているようで、下記のように言っている。

“Determining national characteristics is treading a minefield of inaccurate assessment and surprising exception. There is, however, such a thing as a national norm.” (各国のキャラクターを定義してしまうことは不正確なアセスメントと驚くべき例外の発生の原因になる。しかしながら、そういうものは国の規範として実際存在しているのだ。)

では、抜粋にはなるが一つずつ見てみる。 

Chinese tend to be more direct than the Japanese and some other East Asians; however, meetings are principally for information gathering, with the real decisions made elsewhere. Hong Kongers negotiate much more briskly to achieve quick results.(中国人は日本人やその他の東アジアの人々よりも率直である傾向にあるが、会議の第一目的は情報の収集にあり、本当の決定は他の場所でなされる。 香港の人々は性急な結果を得るために大陸の人々よりももっと快活に交渉する。)


中でも一番強烈だなー、と思ったのが韓国人。こんなの見たら韓国の人怒っちゃうんじゃないか。